FX会社

【Tradeview評判】愛用者だからこそ語れるリアルな真実

Tradeviewのロゴ
  • Tradeviewの口座の特徴を知りたい
  • Tradeviewは海外FXだけど危険性はないの?
  • どんな人におすすめ?
  • 実際に使った人の使用感を聞きたい

Tradeviewは2004年からサービスを行っている老舗の海外FX会社です。

これだけ長い運営をしていますが、出金拒否などの悪評は聞きません。

むしろ海外トレーダーの評価はトップクラスに良いです。

それもそのはず口座スペックが非常に高く、スプレッドと約定力に関して言えば業界最高水準と言えるからでしょう。

しかし「ボーナスがない」など初心者にはハードルが高いところもあります。

そんなTradeviewを実際に使ってみて感じた、強みと弱みを隠さず正直に解説していきます。

「Tradeview」口座開設はこちらから

「公式」Tradeview口座開設はこちら

Tradeviewのロゴと口座開設方法の文字
【2021年最新版】Tradeviewの口座開設を丁寧に解説Tradeviewの口座開設のやり方を写真付きで丁寧に解説します。本記事を読めば海外FX初心者でも簡単に口座開設ができます。...

 

Tradeviewの概要

女性がレビューしている
Tradeviewの概要
最大レバレッジ 500倍
スプレッド平均 1.9pips
最小取引単位 1,000通貨
最低入金額 10,000円
取り扱い商品 ・通貨ペア 61種類
・株価指数 10種類
・仮想通貨 5種類
・貴金属 3種類
・エネルギー 3種類
ロスカット水準 100%
追証 なし
日本語サポート 〇 24時間サポート
金融ライセンス 〇 CIMAケイマン諸島

Tradeviewはケイマン諸島の金融ライセンスを取得しています。

ケイマン諸島の金融ライセンスは厳しい審査で有名ですが、その管理下にあるTradeviewは信頼性が高いと言えるでしょう。

また24時間日本語サポート完備も嬉しいポイントですね。

しかしこの概要だけを見ても、一般的な海外FX会社とあまり大差がなくどうも魅力的には感じません。

それもそのはず、Tradeviewは大きく分けて4つの口座タイプに分かれています。

その中のILC口座は他の海外FX会社と比較してもかなりの高スペックとなっていますので、次の項目で確認しましょう。

 

Tradeviewの口座スペック一覧

木や鳥の分析データを男性が眺めている
口座タイプ X leverage ILC ILC(cTrader) Viking
最大レバレッジ 500倍 200倍 400倍 400倍
ロスカット水準 100% 100% 100% 100%
スプレッド
(全通貨平均)
1.9pips 0.2pips 0.2pips 0.3pips
取引手数料
(往復)
無料 5USD
1LOT/500円
5USD
1LOT/500円
6USD
1LOT/600円
注文方法 STP ECN ECN STP
取引ツール MT4
MT5
MT4
MT5
cTrader Currenex
最小取引単位 1,000通貨 10,000通貨 10,000通貨 10,000通貨
最低入金額 1万円 10万円 10万円 10万円

この比較でもっとも注目して欲しいのは、ILC口座です。

初回入金額が10万円からで、取引手数料が必要なのでコスパが悪そうに思われますが、Tradeviewで口座開設するならこのILC口座一択です。

なぜなら

  • 取引手数料込みでもILC口座の方がスプレッドが断然狭いから

です。

というより、ILC口座の取引コストのお得さは業界最高水準になっています。

逆にX Leverageは他の海外FX会社のスタンダード口座と比べても、少しスプレッドが狭いぐらいで、他会社が提供しているボーナスがないので魅力に欠ける口座です。

海外FX初心者だったりTradeviewの使用感を試してみたい人は良いかもしれませんが、それ以外の人は、絶対にILC口座を選びましょう。

これを踏まえたうえで、Tradeviewのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

「Tradeview」口座開設はこちらから

「公式」Tradeview口座開設はこちら

 

Tradeviewの良いところ7つ

女性がハートを持ってノートに張ろうとしている
  1. 17年の運営歴とCIMA金融ライセンスで信頼性が高い
  2. 取引コストが最強
  3. 高い約定力
  4. 豊富な取引ツール(MT4・MT5・cTrader・Currenex)
  5. 透明性が高い
  6. 追証なしで借金リスクなし
  7. 24時間日本語サポートあり

 

良い①17年の運営歴とCIMA金融ライセンスで信頼性が高い

Tradeview金融ライセンス

Tradeviewは運営歴が17年と長く老舗の海外FX会社になります。

これまで出金拒否などの悪評は上がらず、むしろ海外トレーダーからはかなり高い評価を受けています。

海外トレーダーのレビューサイトでは星4つの高評価です。

海外トレーダーからのTradeviewの評価

レビューサイト→Forex Broker Review

このサイトの口コミの中には、負けた腹いせのようなものも含まれています。

ですので参考程度にしかなりませんが、レビューだけ見れば海外FX会社の中で1番の評価を受けています。

またTradeviewはケイマン諸島の金融庁(CIMA)で金融ライセンスを取得しています。

CIMAは世界的に見て審査が厳しいと言われおり、取得している海外FX会社は少ないです。

そのためCIMAで金融ライセンスを取得しているTradeviewの信頼性は高いと言えるでしょう。

 

良い②取引コストが最強

TradeviewのILC口座はスプレッド・取引手数料ともに業界最高水準となっており、取引コストがかなり安いです。

まずスプレッドに関して言えば

  • 米ドル/円:0.2pips
  • ユーロ米ドル:0.1pips
  • ポンド/円:0.7pips

とかなり狭いです。

海外FX会社では群を抜いていると言えますね。

特にボラティリティが高く、日本人が好んで取引しているポンド円は時間帯によって国内口座よりも狭くなります。

また取引手数料も1LOT取引でわずか5ドル(500円)しかかかりません。

他の海外FX会社と比べてみましょう。

Tradeview 1LOT取引で5ドル(約500円)
XM 1LOT取引で10ドル(約1,000円)
TITAN FX 1LOT取引で7ドル(約700円)
AXIORY 1LOT取引で6ドル(約600円)

スキャルピング取引で有名なTAITAN FXやAXIORYよりも狭いですね。

つまりスプレッド、取引手数料ともに業界最高ということになります。

この取引コストの安さが短期トレードにTradeviewをオススメしている1番の理由です。

 

良い③高い約定力

Tradeview取引サーバーTradeviewは高い約定力を誇ります。

その理由として

  • 高速の取引サーバー
  • 50社の豊富なLPで流動性確保

が挙げられます。

世界中の大手金融機関が利用しているエクイニクス社のLD4をメインサーバーに、さらに数が多いほど流動性が高まるリクイディティプロパイダーを50社も提携しています。

これによりTradeviewの約定力はかなり強いものになっています。

実際に使っていて遅延したことは1度もなく、大口のスキャルパーも納得の約定力です。

 

良い④豊富な取引ツール(MT4・MT5・cTrader・Currenex)

Tradeview取引ツールTradeviewの取引ツールは豊富でMT4・MT5はもちろん、スキャルパー御用達のcTrader、大口トレーダー用のCurrenexまで提供しています。

MT4 ・世界中でもっとも利用されている
・自動売買や自作インジケーターの種類が豊富
MT5 ・MT4の上位互換
・動作スピードが速く、時間足、インジケーターの数が多い
cTrader ・スキャルピングにおすすめ
・ワンクリック注文、同時決済、分割決済まで瞬時に操作可能
Currenex ・大口のディーラー、プロが利用する
・複雑で個人には扱いにくい

おすすめは初心者なら絶対にMT4

理由は、もっとも利用者が多いので分からないことがあっても、調べれば解決しやすいからです。

逆にcTraderやCurrenexはまだ情報が少ないため、日本語で解説しているサイトは多くありません。

中級者以上ならcTraderも候補に入りますが、個人的にはやはりMT4・MT5が良いと思います。

 

良い⑤透明性が高い

Tradeview公式ページTradeviewは全口座でNDD方式を取り入れています。

FX会社の注文方法にはこのNDD方式とDD方式があります。

  • NDD方式:トレーダーからの注文がそのまま市場へ流れる
  • DD方式:トレーダーの注文を市場へ流すか判断するディーラーがいる

DD方式ではトレーダーの注文を市場へ流さない(呑む)ことができます。

そのため

  • トレーダーに不利な約定
  • ストップ狩り

ができないこともないです。

このためディーラーが介入するDD方式は透明性が低いと言われています。

Tradeviewは完全NDD方式を採用しているので、この心配はありません。

NDD方式だとディーラーが介入することもないので、透明性・公平性が非常に高いと言えます。

 

良い⑥追証なし(借金リスクなし)

Tradeviewは追証がないので借金になるリスクがありません。

追証とは:相場の急激な変動などで預けている証拠金以上の損失を出した場合、損失額の補填が必要になること

リーマンショックやフラッシュクラッシュ、コロナ相場では相場が急変動したので、トレーダーの多くがFX会社から追証を求められるケースがありました。

このような急変動する相場はいつ来るか分かりません。

そのため追証なしのFX会社を使うことで万が一の借金リスクも抑えられます。

 

良い⑦24時間日本語サポートあり

Tradeviewは24時間いつでも日本語でのサポートが受けられます

FX初心者や、初めて海外FX会社を使用する人にとっては嬉しいポイントですね。

丁寧な対応でレスポンスも早いので、分からないことがあれば利用してみましょう。

 

Tradeviewのイマイチ4つ

雨の中、傘をさしている
  1. ボーナスがない
  2. 最低入金額が10万円~
  3. ロスカット水準が100%と高い
  4. 公式サイトは情報が少なく見にくい

 

イマイチ①ボーナスがない

海外FX会社は口座開設や入金したときにボーナスを提供しているところが多いです。

しかしTradeviewはこのようなボーナス活動を一切行っていません。

Tradeviewのボーナスへの考え方

少し翻訳が上手くいっていませんが、Tradeviewの最高責任者の考えは「ボーナスを提供するぐらいなら、取引コストを下げる」だそうです。

確かにTradeviewのスプレッド・手数料は業界トップですので納得できますね。

 

イマイチ②最低入金額が10万円

本記事でおすすめしているILC口座は、最低入金額が10万円です。

FX初心者や少額から取引したい人にとっては敷居が高い金額になっていますね。

スタンダード口座なら1万円から入金できますが、Tradeviewを使うなら高スペックのILC口座を選びたいところです。

 

イマイチ③ロスカット水準が100%と高い

他の海外FX会社ではロスカット水準は20%が標準的です。

しかしTradeviewでは100%と高く設定されています。

ロスカット水準が高いほど、少ない損失でロスカットされやすいです。

証拠金ギリギリまで使ったハイレバトレードをしたい人にとっては、物足りないかもしれません。

 

イマイチ④公式サイトは情報が少なく、見にくい

Tradeviewの公式サイトは一応日本語に対応しているのですが、情報が少なく見にくいです。

日本語から別の言語に変更することで、サイト内のスタイルが変わり細かな情報まで手に入ります。

少し面倒ですが、グーグル翻訳を使えば日本語に変換できますよ。

もっと詳しく情報を知りたい人は試してみてください。

 

当サイト管理人が実際に使ってみて感じたこと

マルチモニターの前に男性が座っている当サイト管理人(たぐゆー)は、2021年9月からTradeviewを実際に使って取引をしています。

そこで感じたことを正直に解説します。

良いところ3つ

  • 取引環境をマジで最高!
  • スプレッドは予想以上に狭い
  • 入出金は意外と早い

良いところから話すと取引環境は本当に最高ですね。

まずはスプレッドが予想以上に狭いです。

管理人は主にポンド円でのスキャルピング取引をしていますが、NY時間だとスプレッド平均0.7pipsぐらいかなって感じです。

良い時には0.3とかも出ます。

相当狭いですよね。

手数料を考えても国内業者より狭いタイミングがあるよ

他の通貨ペアを監視していますが、ユーロドルやドル円は0pipsも当たり前に出ます。

これに加えて約定もサクサクで素晴らしい。

通信環境もあるかもしれませんが、今まで使ってきた国内、海外合わせてもNO1かもしれません。

あと入出金が遅いという口コミがありましたが、1時間ぐらいで済んだので許容範囲かなって感じです。

大手国内業者から乗り換えてきましたが、今のところ全く不満なく取引できています。

 

イマイチ2つ

  • 口座開設が少し分かりにくい
  • 日本語での情報が手に入りにくい

逆にイマイチだと感じたのは、日本語でのサービス面です。

僕は口座開設する前にネットや公式サイトで下調べするのですが、公式サイトの日本語での情報が少なすぎます。

他言語にしてグーグル翻訳で調べるのが面倒すぎでした。

マジでどうにかしてくれー

これもあって本記事では、みんながGoogle先生に頼る必要がないように分かりやすく解説するね

あと口座開設が少し分かりにくく感じました。

海外FXはどこも分かりにくくはあるのですが、Tradeviewは更に微妙な感じ。

慣れている人なら問題ないかもしれませんが、初心者には難しく感じるかもしれません。

 

総評

情報収集と口座開設が面倒だが、これさえ乗り切れば最高の取引環境

予想以上にスプレッドが狭く、約定力も高い。

管理人としては、これからも為替においてはメインで使っていきたいFX会社だよ

 

Tradeviewをおすすめしたい人

女性が両手にハートを持っている

これまでTradeviewの良いところ・イマイチなところ・実際に使ってみた感想を解説してきました。

これを踏まえたうえでTradeviewをおすすめしたい人を見ていきます。

Tradeviewをおすすめしたい人
  • 海外FX会社でスキャルピングしたい人
  • 取引コストを下げたい人
  • 信頼性のあるFX会社を使いたい人

Tradeviewはスプレッド・取引手数料ともに業界最狭水準となっています。

そのためスキャルピングやデイトレードを行う短期トレーダーには超おすすめですよ。

というか今のところ、海外FXでスキャルピングをするならTradeview一択です。

それだけ圧倒的に取引コストが他を圧倒しています。

また出金拒否などの悪評も聞いたことがありません。

信頼性が高く安心して取引したい人にもおすすめしたいです。

「Tradeview」口座開設はこちらから

「公式」Tradeview口座開設はこちら

 

【まとめ】Tradeviewは取引コスト最狭のスキャルパー必須口座

Tradeviewはスプレッド・取引手数料がとても狭く海外FXで短期トレードをするなら、必須のFX会社です。

海外FXと言えば豊富なボーナスを提供しているところを選びがちです。

しかし短期トレーダーにとっては「いかに取引コストを下げられるか」のほうが重要です。

もしまだTradeviewを使ったことがない人は、この機会に口座開設してみてはどうでしょうか。

Tradeviewのロゴと口座開設方法の文字
【2021年最新版】Tradeviewの口座開設を丁寧に解説Tradeviewの口座開設のやり方を写真付きで丁寧に解説します。本記事を読めば海外FX初心者でも簡単に口座開設ができます。...

「Tradeview」口座開設はこちらから

「公式」Tradeview口座開設はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です